未成年の喫煙のリスク!

| コメント(0) | トラックバック(0)

tabacco.jpg

未成年の喫煙のリスクは、若いがゆえにスピードの進行も早く、恐ろしいところです。

タバコを吸うことで発育障害が起こりますから、
未成年であってもがんのリスクは高くなります。

がんは高齢者がなる病気と思っていたら、それは違います。

確かに高齢者は血管ももろくなっていますし、
免疫力も低くなっていて、様々な病にも侵されやすいです。

ですが本当に怖いがんの病気は、若い人にも関係ないとは言えません。
もっと言えば若いしとの方が、進行のスピードは、加速することも知っておくべきでしょう。

タバコの煙にはものすごい種類の化学物質があり、それを貧欲に取り込むことになります。

新陳代謝を阻害されると、未成年の若い体は、
その最悪の環境にさえ、適応をしようとしてしまいます。

禁煙者は非喫煙者よりも、肺がんを発症して死亡するリスクが、なんと6倍にもなります。
それは未成年であっても関係はありません。

未成年者が何度も喫煙すれば、当然ながら成長途上の身体に対しても、
非常に深刻な悪影響を及ぼすことは避けられません。
発育障害や肺がんのリスクは、避けては通れなくなる可能性さえあります。

未成年であっても、ニコチン依存に陥る危険もあります。
ニコチン依存は穏やかなものではないですから、離れられなくなります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nationaldesignerconsignment.com/mt-tb.cgi/5

コメントする